八幡平 藤七温泉   

2012年 10月 14日

 
春に予約していた藤七温泉へ  紅葉も楽しみ
 
イメージ 1
 
紅葉はまだ少し早いようですが、気温7度です
 
ここがお部屋です  到着すると 懐かしいストーブが点いていて部屋はぬくぬく
イメージ 2
 
きちんとそうじが行き届いていて気持ちの良いお部屋です
 
スタッフさんは男性が多いですね
 
この日は曇っていてかなり寒い
 
イメージ 12
 
ここは9か所のお風呂があり、混浴もバスタオル巻きがOKです
 
 
移動方法を考えます・・
 
脱衣所は建物に一番近い女性の露天と内湯のところにありますが、一番奥の女性露天にもう一か所の脱衣所。
 
どっちで着替えても点在する露天に移動するには濡れたバスタオルを巻いててくてく歩かなければなりませんね
 
まずは宿泊棟に一番近い女性の露天に入ります
 
イメージ 3
 
イメージ 5
 
けっこう熱いお湯で体が温まります  ほ~いい気持ち
ここはあくまで女性専用ですがこの通り目隠しなんかはありません
下のお湯に入っている人たちと何故か目が合います
 
ここの下に見える混浴露天にはどうやって移動するのでしょうか・・キョロキョロ
 
敷物が通路のように敷いてあります敷物通りに歩いていくと混浴露天にたどり着きます
濡れて張り付くバスタオルが落ちてこないことを祈りつつ歩きますが
そんなことより足が冷たい・・ちべたい・・
 
到着・・ 
は~          ・・・ちとぬるい
 
イメージ 6
 
お湯の底からぷくぷくと温泉が湧き出ています
 
一緒にお湯に入っていた女性の方の談によると
この季節にしては気温は暖かい方なのだそうです
夏はお湯が激熱で入れないこともあるとか・・なのでここは春と秋が最高にいいお湯に入れるとのこと
 
もう一つ上のお湯が熱くていいですよと教えてくれたのでまたバスタオルを巻いてテクテク
イメージ 7
あ~いいお湯加減です
 
こうしてテクテク歩いて自分好みのお湯を探して歩けばいいんですね
 
同じお湯の中でも場所によっては あちち ってなることも・・
 
トロミのあるお湯の底から気泡が湧いてきています  
 
そしてここ、道路からもお湯に入っているところが見えますが そんなことはどうでもいいほど気持ちいいんだな~
 
温まったらまたテクテク歩いて脱衣所に戻らなきゃ^^
 
ふ~  お風呂上りはやっぱりこれでしょ 
 
イメージ 8
 
そしてお夕食はバイキング  以前はお膳のお夕食で内容が寂しかったようですが
バイキングになってからはとってもいいとのこと(前出の女性の談
 
イメージ 9
もう一つテーブルがありたくさんの地元のお料理があります
 
うんうんけっこういいです
 
中でも私の大好きなジュンサイとキノコが食べ放題なのはかなり嬉しい
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
このほか お蕎麦・・みなさん山芋をかけて召し上がっていました
きりたんぽ鍋、やトマトのワイン煮、アケビの中に野菜を詰めて味を付けたもの
そして、熱々の焼き立てニジマス←熱々で出してくれるところはあまりないのです
 
御馳走様でした
 
あら!朝日が見れるみたいです
 
イメージ 13
 
夜中はずっと雨音が聞こえていました
ご来光は無理かな~
 
 
でもでも、晴れてくれました
イメージ 15
 
イメージ 14
 
この男女別の露天に朝日を見に来ている10人ほどのお客様が
 
わ~キレイ 来てよかった~と口々に^^
 
何故か私まで嬉しくなります
 
こんな朝日を見れるのはめったにないんですよ~ (例の女性談)だそうです
 
そして多分地元のおじさんたちもこの朝日を見に・・
 
イメージ 16
この女性露天の柵の前を普通に横切って朝日を見に来ていました
写真を撮るために立ち上がって撮っていた人もいるのに(例の女性
 
まあ、この景色に免じて許してくれたことでしょう??
 
 
朝ごはんも美味しかったです
 
イメージ 17
 
イメージ 4
 
 
ここ、彩雲荘はあと数週間で冬季閉鎖となり厳しい冬を迎えます

[PR]

# by nagisa_mouiiyo | 2012-10-14 21:50 | 岩手の温泉

青森県 酸ヶ湯温泉  20125.25   

2012年 05月 26日

温泉に行ってきました

 

今回はここです

 


温泉めぐりを始めたきっかけになった温泉です

 



 

説明するまでもなく超有名温泉です

 

ブログを検索してみても撮影出来ないことが多いようで浴場の写真をなかなか見つけにくかったりしますが、今回は浴室に人が居なくなる機会を見つけました

 


 

 

 

これは部屋の窓から見た景色です

 

 

 

 

 

 

 

 

早速千人風呂に行ってみました


 

スリッパを脱いで入り口から入るので脱いであるスリッパで混み具合がわかります

 

女性の脱衣所に入ると籠に何組かの衣類があったので女性も入っているようです

よかった~ちょっと安心

 

入ってみましょうね

 

 

脱衣場からは階段ががあって降りて行くのですがヨシズで目隠しされています

 

またまた安心

 

階段を降りると

 

冷湯があります


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここも写真の左端のあたりに仕切りがあり目隠しされています

 

さらに安心

 

冷湯?冷たいの?お湯なの?

桶でかけると意外と熱い。

奥に見えるのが四分六分の湯

 

ここの四分六分のお湯にも湯舟の途中まで仕切りが伸びていてお湯に浸かるまで

男性側から見られずにお湯に入ることが出来るようです

 

良かった~  楽勝

濁り湯なので入ってしまえばもう大丈夫

 

そして四分六分のお湯に浸かって、全体が見渡せる仕切りの無いところまで進むと

 

男性の方が女性側を向いて湯船のふちに腰掛けている・・・

いろんな温泉に入りましたがたいていはあからさまにこちらを見ないものですけど

ここは視線が痛いです

濁り湯でよかった

 

 


 

 

 

(ここに載せた写真は女性タイムが終わるぎりぎり5分ぐらい前に誰もいなくなったところで撮ったものです)

 

 

 

 


 

 

 

これは冷湯から脱衣所出口を撮ったもの、左側にあるヨシズの仕切りがずっと下まで続いています

 

脱衣所の方が明るいので女性のシルエットは映るんですけどね

 

男性出口は見たとおり仕切りはありません

 

 



上の写真は熱湯

ここに入るには仕切りも何も無いところを歩いてさらに階段を下りていかないと入れないです


 

濁り湯はいいのですが深さがわからないという難点がありまして

階段を下りながら足で探って階段の最後まで下りなければなりません

 

それでもなんとかクリア

よーくみると若い女性も子供さんも入っています

 

 

お湯は酸っぱい

冷湯が一番熱かったかも

熱湯が一番ぬるかったような

女性タイムになれば瀧湯も平気

ふ~

汗かきました

 

カンパイしましょう

 


 

レトロです  このお鍋はお味噌汁が入っています

 

お夕飯はお部屋出しでした

 

 

 

 

そして朝

男女別のお風呂です

 

女性湯

脱衣所はこんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性のお風呂、広くてきれいです

ドライヤーもありますよ

 

朝ごはんはバイキングでした


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてと寄り道しながら帰りましょうか

 

[PR]

# by nagisa_mouiiyo | 2012-05-26 18:24 | 岩手の温泉